CFDを取引手数料で比較!

CFD業者を取引手数料で比較してみました

 CFDでは株価指数や商品等は取引手数料を無料とするCFD業者が大半ですが、株式CFD(日本株、海外株)に関しては取引手数料を有料としている業者が大半です。
 ここでは、各社の全取引銘柄の手数料を一覧表にしたうえで、株式CFDの取引手数料が安い業者の特徴をピックアップしてみました。株式CFDをメインで取引しようと考えているなら、銘柄数の多さとともに、手数料の比較は最低限しておくのが望ましいでしょう。

取引手数料で株式CFDを比較

企業名 株式(国内) 株式(海外) 株価指数 株価指数先物 商品・商品先物 債券
DMM.com証券 無料
IG証券 0.105%※2 0.105%〜※2 無料 無料 無料 無料
楽天証券 有料※3 無料 無料 無料 無料
※1 最低約定代金未満ではミニマムチケットフィーが発生します。
※2 最低手数料額が定められています。(例:日本株1,050円、米国株15.75ドル 等)
※3 米国株は25.26ドル〜、中国株は0.525%となっています。(楽天証券の株式CFDは米国株と中国株のみの取扱い)

株式CFDの取引手数料が安いおすすめCFD業者

IG証券

取扱いは約7000銘柄

株価指数CFDはミニ取引もあり、小額から投資ができる

信託保全導入なので安心して資産を預けられます

株価指数CFDは手数料無料でスプレッドが狭い

IG証券