CFDをスプレッドで比較!

CFD業者をスプレッドの狭さで比較

 CFDのうち、株価指数CFDは取引手数料を無料としている会社が多いですが、だからといって手数料ゼロで売買できるわけではありません。
 株価指数CFDを取引するとき、レートが表示されるプライスボードには売値と買値が表示され、この差であるスプレッドが実際の取引コストとなります。
 となると、株価指数CFDをメインで取引するなら、取扱銘柄の種類はもちろんのこと、スプレッドの値もチェックしておくのが望ましいと言えます。
 そこで、株価指数CFDをメインで取引される方のため、主要な銘柄、日本株価指数(日経225)、米国ウォール街30株価指数(NYダウ)、英国100種株価指数(FTSE100)の3つを取上げ、各社のスプレッドを比較してみました。株価指数先物をメインで取引したい方にとっても、参考になるものと思います。

スプレッドでCFD業者を比較

企業名 株価指数CFDのスプレッド
日経225 米国ウォール街30(NYダウ) 英国100種(FTSE100)
DMM.com証券 7.0〜9.0 2.0〜3.0
IG証券 8 4 2
インヴァスト証券 5〜8 2〜4 1〜6
楽天証券 1〜6 2〜4
※1 スプレッドは変動性であり、この数値より前後します。

スプレッドの狭いおすすめCFD業者 ベスト4

DMM.com証券

NYダウや日経225など4つのCFD銘柄のみでシンプル!

スプレッドの狭さは業界最高水準!

取引手数料無料!最大レバレッジは10倍!

完全信託保全で万一破綻しても預けた資産は全額保全

DMM.com証券CFD 

IG証券

取扱いは約7000銘柄

株価指数CFDはミニ取引もあり、小額から投資ができる

信託保全導入なので安心して資産を預けられます

株価指数CFDは手数料無料でスプレッドが狭い

IG証券