ドットコモディティのCFD口座について

ドットコモディティのCFD口座の魅力

 ドットコモディティ株式会社(以下ドットコモディティ)は、楽天株式会社や松井証券株式会社の出資を得て、2004年12月に創業したネット専業の商品取引会社です。主要株主には前述の2つの証券会社のほか、オリックス証券株式会社、ひまわりホールディングス株式会社など、国内有数のネット企業が名を連ねています。
 そのドットコモディティは商品先物取引業界におけるオンライン取引では、預かり資産や口座数、売買高等No.1を獲得しています。(2009年10月末現在、キャピタルエフ調べ)
 このノウハウを活かし、ドットコモディティでは、CFDに関しても取扱銘柄をコモディティ(商品)に特化しています。
 コモディティCFD取引銘柄はWTI原油や金、プラチナなど28銘柄。2009年12月より、日本国内で初となるCO2排出量のCFD取引も始めています。
 コモディティ専用のチャート分析ソフトを用意し、PCにダウンロードして使用するアプリケーションツールはチャートやレートボードなど自在にカスタマイズ可能。WEB版の取引画面は視認性・操作性に優れワンクリック注文も可能なので、スピード性を重視する方にも最適。そのほか、コモディティ専用投資情報サイトを用意しており、商品に特化してCFDを始めたい方にはおススメ度ナンバーワンのCFD口座です。

主要株主は大手証券会社が名を連ね、安心感がある。

日本国内で初となるCFDでCO2排出権取引を開始

レバレッジは20倍!1枚から取引できます。

コモディティ専用投資情報サイトで情報収集もバッチリ

ドットコモディティのCFD取扱い銘柄

全取扱い銘柄数 33銘柄
株式CFD 取扱っていません。
株価指数CFD 取扱っていません。
株価指数先物CFD 取扱っていません。
商品CFD WTI原油スポット、WTI原油先物、ヒーティングオイル(暖房油)、天然ガス、金スポット、ミニ金スポット、NY金先物、銀スポット、 NY銀先物、NYプラチナ、NYパラジウム、NY銅、ブレンド原油スポット、ブレンド原油、ロンドン軽油、 オレンジジュース、NYココア、NYコーヒー、NY粗糖、NY綿花、NYシカゴ赤身豚肉、シカゴ生牛、シカゴコーン、シカゴ大豆、シカゴ小麦、シカゴ大豆ミール、シカゴ大豆油、 ロンドンココア、ロンドンコーヒー、ロンドン砂糖、ロンドン小麦、CO2排出権 33銘柄
債券CFD 取扱っていません。

ドットコモディティのCFD取引手数料

項  目 数値 備  考
取引手数料 商品CFD 無料 スプレッドが取引コストとなります。
最大レバレッジ 20倍
初回入金額 最低金額の制約なし
注文方法 成行、指値、逆指値、IFD、
OCO、トレール注文
インターネット、モバイルから注文できます。
モバイル対応携帯 docomo、au、softbank
クイック入金提携金融機関 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行
イーバンク銀行、ジャパンネット銀行 (※すべて個人口座の場合)

企業情報

会社名 ドットコモディティ株式会社
住所 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51ビル6F
設立 2004年12月1日
資本金 18億9,999万円(平成21年10月末時点)
純資産額規制比率 1617.47% ※平成21年3月末時点
企業HP http://www.commodity.co.jp/