CFDを取扱銘柄数で比較!

CFD業者を取扱銘柄の種類・豊富さで比較

 CFDと一概に言っても、取扱銘柄は各社で異なります。取扱銘柄の種類はもちろん、銘柄数にも違いがあります。
 各社のCFDを比較するとき、商品先物CFDをメインで売買したいとか、株価指数CFDのみ取引をしたいなど、自分が主として取引しようと考えている銘柄が決まっているなら、あとは手数料やレバレッジ等での比較となりますが、幅広くCFD取引をしてみたいというなら豊富な銘柄を取扱っているCFD業者がベストと言えます。
 ここでは、各社のCFD取扱銘柄の種類および銘柄数で比較してみました。

取扱銘柄数でCFD業者を比較

企業名 取扱銘柄数 株式 株価指数 株価指数先物 商品・商品先物 債券
DMM.com証券 4 4
IG証券 6000以上 6000以上 34 36 7 39
楽天証券 440以上 385※2 14 29 10 5
※1 海外ETF CFD 6銘柄を含みます。
※2 海外ETF CFD 31銘柄を含みます。
<
※2010年3月1日時点での取扱数を示しています。

取扱銘柄数の多いCFD業者 ベスト3

IG証券

取扱いは約7000銘柄

株価指数CFDはミニ取引もあり、小額から投資ができる

信託保全導入なので安心して資産を預けられます

株価指数CFDは手数料無料でスプレッドが狭い

IG証券